大切な人に贈りたい花のギフト!知っておきたいマナーや花の種類などのよくある疑問を解決

当サイトでは大切な人に贈りたい、花のギフトに関する様々な情報をご紹介しています。
失敗しないためにも知っておきたいマナーや、選ばれることの多い植物の種類などを扱っているのでよくある疑問を解決するために役立つでしょう。
贈り物に喜ばれるフラワーを選ぶためのコツも解説しているサイトです。
さらにプレゼント選びで知っておきたい贈り物向け商品の種類も触れています。
どのようなものを選ぶべきか迷うときにはきっと参考になるはずです。

大切な人に贈りたい花のギフト!知っておきたいマナーや花の種類などのよくある疑問を解決

花のギフトを贈る際のよくある疑問を解決したい人もいるのではないでしょうか。
贈り物にする際のマナーには、用途に合ったものを選ぶということがあります。
また相手の好みに合うフラワーギフトを選ぶことが大切です。
香りの強いものは好みが分かれることもあるので、注意が必要です。
ギフトに用いられるものの種類は、切り花か鉢花かによって異なることがあります。
切り花の場合にはバラやカーネーション、トルコ桔梗などが定番です。

年中行事に選びたい花のギフトとは

様々な年中行事に、何かしらのギフトを贈りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには季節感の感じられる花を選ぶのもおすすめです。
その時々の行事に相応しい植物を選ぶことで、四季の日本をより身近に感じることができるようになります。
なかなか自分では買わないような植物なら、貰ったら新鮮な気持ちが得られて嬉しいかもしれません。
花の贈り物が適している年中行事には、3月のひな祭りが挙げられます。
女の子の健やかな成長を願う行事で、桃の花を飾ることが多いです。
この時期はお店でも桃の枝が売られるほか、桃を取り入れたアレンジメントやブーケなども手に入ります。
また5月には端午の節句があり男の子の健やかなる成長を祈願しますが、この時には菖蒲を贈るのも良いかも知れません。
母の日や父の日、さらにはクリスマスやハロウィンなどの時にもフラワーギフトはおすすめです。
それぞれの機会に合ったものを選び贈ると良いでしょう。

結婚のお祝いギフトに適する花の種類は?

結婚をする人への贈り物に花を選びたいけれど、どのようなものを選べば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。
結婚祝いのフラワーギフトに使われる花としては、一般的に薔薇が人気があります。
薔薇の花といえば高級感があり、上品な印象のものが多いです。
さらに品種によっては、良い香りがするものもあります。
また薔薇はウェディングブーケに使われることが多くあるものなので、ブライダルにはイメージ的にもピッタリの花といえます。
お祝いのギフトとして贈る時には、明るい色合いの薔薇を用いたフラワーアレンジメントが人気です。
丸いラウンド型はブライダルブーケを連想しますし、ボックスタイプのアレンジは飾りやすいため近年人気が高いです。
薔薇を用いたプリザーブドフラワーを選ぶのも良いかも知れません。
プリザーブド加工したものは長持ちし、何年も枯れずに残ることがあります。
記念に長く手元に置いて楽しんでもらえるはずです。

カーネーション以外を選びたい場合の母の日ギフトの花

母の日の贈り物として花を選びたいけれど、毎年カーネーションを選んでいるので他の種類のものを選びたいという人もいるのではないでしょうか。
カーネーションは定番ですが、毎年同じような贈り物だとやや飽きて他のものを選びたくなっても当然といえます。
そのような場合、切り花ならバラやトルコ桔梗なども良いかも知れません。
どちらも華やかな印象で、高級感のある花となっています。
ブーケにしてもフラワーアレンジメントにしても映えるでしょう。
鉢を贈りたい場合には、カーネーション以外ならクレマチスや紫陽花が良いかも知れません。
これらはちょうど5月ごろに多く出回っていますので、好みに合うようなものが見つかる可能性が高いです。
比較的手の届きやすい価格でありながらもボリュームのある見た目になることも多く、魅力的な贈り物になることが期待できます。
母の日ギフトにはカーネーションも良いですが、これらを選んでみるのもおすすめです。

植物の世話が苦手な人にも安心の花のギフトは?

花のギフトは見た目が華やかで人に差し上げるのにぴったりですが、贈る相手があまり植物の世話をしないタイプだということもあるでしょう。
そのような場合には、相手に負担にならないような花のギフトを選ぶのがおすすめです。
具体的に言うと、例えばプリザーブドフラワーが良いかも知れません。
これは生の花を加工して長持ちさせるようにしたものです。
まるで生のもののような瑞々しい質感がありながらも、枯れたり萎れたりしないという特徴があります。
触れてみると柔らかく、ドライフラワーのように硬い質感ではありません。
プリザーブドフラワーは水やりは不要ですし、乾燥した状態でそのまま飾っておくことができます。
様々な形状のフラワーアレンジメントに使われている商品が売られているので、相手の好みに合うようなものを選ぶことができるはずです。
鉢植えの場合水やりが必要ですし、フラワーアレンジメントやブーケも手入れが必要ですがこれなら世話が不要です。

高級感を重視したい場合の花のギフトの選び方とは

花のギフトを贈るときには、高級感を意識して選びたいと考えることもあるのではないでしょうか。
大切な人への贈り物にするときには、あまり安っぽく見えてしまっては困るからです。
もし高級な印象を与えたいのなら、切り花の薔薇を用いている商品を選ぶのが良いかも知れません。
一般的に薔薇は切り花のなかでも価格が高めとなっていることが多いです。
それは多くの人に知られていることであるため、高級感のある印象になります。
また薔薇は花びらの枚数が多いので、ゴージャスな印象になることが多くあります。
これも高級な印象に繋がっているポイントです。
ギフトフラワーを選ぶときには、シックな色を選ぶと高級に見えることがあります。
落ち着きある雰囲気がある商品は、ポップな色合いのものよりも値段が高く思われることがあるからです。
ほかにはプリザーブドフラワーを選ぶのも良いかもしれません。
加工された薔薇が使われていることが多く、高そうに見えます。

花のギフトを贈る時の基本的なマナーとは

"花は大変身近なものであり、大切な人や親しい人の特別な日にお贈りすることが多いです。
誕生日やクリスマス、結婚祝いや母の日などのギフトで贈る場合もありますが、ただやみくもに贈ればよいものではありません。
場面に適したお花というものがあり、贈り方も含めマナーをしっかり確認しておく必要があります。
まず気にかけなくてはならないのが花言葉です。
短いメッセージのようなものであり、贈り主の想いを代弁しているものでもあります。
結婚祝いには黄色いバラは嫉妬という意味があるため贈るのは控えたほうが良いですし、病気やケガのお見舞いとして贈る場合は、根付くという意味合いから基本的に鉢植えはNGです。
さらに白色や菊も葬儀の際に用いることが多いので使用しませんし、シクラメンも苦しみを連想させるため贈りません。
なお開店祝いは胡蝶蘭など観葉植物にお贈りしますが、あまりに大きい物はかえって迷惑になることがあります。
そのためその場所に合った大きさの物を用意するのもマナーとして大切です。

花のギフトにはメッセージカードを付けるべき?

人に何かをプレゼントをしたいと思ってはいるものの、相手の気に入る商品を選ぶというのはとても難しいものです。
では、そんな時におすすめのプレゼントは何でしょうか?それは、お花です。
お花は男性であっても女性であっても喜ばれるもので、もらって困るというものではありません。
受け取った瞬間は幸せな気持ちになりますし、家に飾ることでリラックスできます。
お花をギフトとして贈る際にメッセージカードはつけるべきでしょうか?はい、ぜひ付けるべきです。
もちろん義務ではありませんが、一言メッセージがあるだけでお花が一層美しく輝きます。
例えば、退職祝いをする上司に対して贈るのであれば「これまでありがとうございました、新しい門出をお祝いしています」と添えることが出来ます。
両親の結婚記念日であれば「結婚記念日おめでとう、いつまでも仲が良いお父さんとお母さんは素敵です」などのメッセージがあると、きっと喜ばれるに違いありません。

花のギフトで立札を付けるべきケースとは

花のギフトを贈る際に立札を付けるべきか、付けないで良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。
もし付けなくて良いケースで付けてしまうと、大げさな印象になってしまうことがありますので注意が必要です。
立札を付けるケースは御祝い事ならお店に贈るときや、会社の事務所に贈るときが挙げられます。
お店が開店したときのお祝いや企業の開業祝い、それから周年記念などのときにはスタンド花や、鉢植えのコチョウラン・観葉植物などを贈ることが少なくありません。
このときには札に贈り主が分かるように名前を入れて贈るのが基本です。
またお祝いだけでなく、お悔みの時にも添えるものがあります。
それは葬儀や告別式の会場に飾るスタンド花や鉢植えのコチョウランです。
これらを手配するときにも贈り主が分かる用にすることが大切です。
ただし開店・開業のお祝いや、お悔みの花であってもサイズが小さな場合にはメッセージカードで済ませることもあります。

花のギフトを通販で手配する時のポイントとは

お世話になっている人は感謝を伝えたい人がいるのであればただ感情や口だけではなく、その気持ちを行動で表す必要があります。
どのようにできるのでしょうか?例えば相手に喜ばれるプレゼントなどを贈ることによって、気持ちを伝えることが出来ます。
プレゼントに最適なのはお花ですが、お花は直接渡すことも出来ますし遠くに離れている人であれば通販でフラワーギフトを選ぶことも出来ます。
お花のギフトを通販で手配するときにはいくつかの注意点があります。
それは、相手が在宅していることを確認してから贈るということです。
なかには、せっかく届けたにもかかわらず長期出張や旅行や入院でお花を受け取ることが出来なかった、というケースも少なくありません。
ですから必ず在宅確認をしてから手配することは大切です。
ほかにも大切なことは、相手がアレルギーなどを持っていないかどうかを事前にきいておくことです。
確認することで喜ばれるプレゼントになります。

花に関する情報サイト
フラワーギフトを贈ろう

当サイトでは大切な人に贈りたい、花のギフトに関する様々な情報をご紹介しています。失敗しないためにも知っておきたいマナーや、選ばれることの多い植物の種類などを扱っているのでよくある疑問を解決するために役立つでしょう。贈り物に喜ばれるフラワーを選ぶためのコツも解説しているサイトです。さらにプレゼント選びで知っておきたい贈り物向け商品の種類も触れています。どのようなものを選ぶべきか迷うときにはきっと参考になるはずです。

Search